■ 無料セミナー「働く人のためのマインドフルネス講座~『今この時』を大事にしてこころのスキルアップ~」

2019年11月27日(水)、株式会社ドクタートラスト本社にて、無料セミナー「働く人のためのマインドフルネス講座~『今この時』を大事にしてこころのスキルアップ~」を開催しました(内容・要項に関してはこちらをご参照ください)。

以下、当日の様子を簡単にご紹介いたします。

本セミナーには、「マインドフルネス」に興味をお持ちの方や、社員のストレス解消に役立てたいとお考えの人事の方など、さまざまな方にご参加いただきました。

「マインドフルネス」という言葉は聞いたことがあるけど、具体的に何かは良く知らないという方は多いのではないでしょうか。
マインドフルネスとは、パフォーマンスの向上やストレスに効果的なメンタルトレーニング技法のひとつです。
マッキンゼーやグーグルなど大手企業が取り入れ、世界中で注目を浴びています。

では、なぜマインドフルネスは注目されているのでしょう?

それは私たちの脳に関わりがあります。
私たちの脳は常に活動しており、脳の活動が過剰になると「脳疲労」の状態へと陥ってしまうのです。
「脳疲労」になると、ネガティブ思考や集中力の低下につながりやすいと言われています。

しかし、「脳疲労」を解消するには、普通の休息だけでは意味がありあません。
なぜなら、脳はぼーっとしている時でも基礎活動を続けており、常にエネルギーを消費しています。
脳の消費エネルギーの大半はこの基礎活動に使用されているのです。

この脳の過剰な活動を鎮めるための方法が「マインドフルネス」です。
マインドフルネスをひとことで表現するなら、「瞑想をベースにした脳の休息法」と言えるでしょう。

マインドフルネスな状態になると、感情に引っ張られずに冷静に判断ができるようになり、仕事のパフォーマンスを高めることができます。
組織において、この働きはより大きなものとなります。
マインドフルネスな生き方を一人ひとりが実践することにより、協力的で風通しの良い組織へと生まれ変わる可能性を秘めているのです。

今回は、その場で実践できる瞑想や、ワークを通してビジネスの現場でも使えるマインドフルネスの考え方をお伝えいたしました。
他にも導入企業の実例や、マインドフルネスの導入アドバイスも本セミナーでご紹介しております。

参加者の声

・ 実践することでマインドフルネスの重要さを実感できました。
・ 以前マインドフルネスの本を購入したが、よく理解ができず、今回の受講で理解を深めることができました。
・ 社員の疲労解消やストレスを減らす方法として、早速社内で取り入れてみようと思います。

ドクタートラストからのご案内

ドクタートラストでは、「衛生管理体制アドバイザリー」、「保健師による支援」といったサービスも提供しています。 お気軽にご相談ください。

衛生管理体制アドバイザリーサービスの詳細はこちら

保健師サービスの詳細はこちら

また、企業にお伺いして行う「保健師セミナー」も大好評です。

保健師セミナーの詳細はこちら

お問い合わせはこちら

 

Follow me!