講師紹介:唐澤崇

講師紹介_唐澤

講師プロフィール

唐澤 崇 Takashi Karasawa

■ 保有資格
産業保健法務主任者/メンタルヘルス法務主任者/上級ハラスメントマネージャー/ハラスメントカウンセラー/健康経営アドバイザー/ソムリエ

■ 職位
シニアコンサルタント

■ 得意な研修内容・専門テーマ
ハラスメント/産業保健関連法関係/コミュニケーション(アサーション、アンガーマネジメント等)/職場環境改善サポート/ワイン/料理/コーヒー・お茶

出演動画

・【解説】パワハラ防止法が6/1からスタート!企業が知っておくべき法改正の内容を教えます

・【解説】リモートだからって油断はNG!それ「リモハラ」かもしれません!専門家が詳しい事例付きで徹底解説します!

その他、ハラスメントに関する動画に多数出演。
詳しくは【ドクタートラストYouTubeチャンネル】よりご確認ください。

セミナー開催実績

「ハラスメント」セミナー実績
▫ 娯楽業等(対象:21,000名超※GP会社含む)
▫ 飲食サービス業(対象:7,000名)
▫ 製造業(対象:2,000名)
▫︎ 電気・ガス・熱供給・水道業(2,000名)
▫ サービス業等(対象:1,400名)
▫ 金融・保険業(対象:1,000名)
▫︎ 医療・福祉業(対象:300名)
▫︎ 公務・地方公務(対象:260名)
▫︎ 不動産業(対象:240名)

ドクタートラスト無料セミナー実績

・「ハラスメント防止対策の義務化に向けて~メンタルヘルス法務主任者がパワハラ防止指針を徹底解説~」

Q. これまでの経歴を教えてください


料理人を目指し、フランスへ渡り星付きレストランで勤務。フランスの食文化やサービスに感銘を受け、帰国後は接客もしつつソムリエを取得。
子どもの誕生をきっかけにワークライフバランスを意識するようになり、ドクタートラストに入社しました。
どちらかと言えば「ブラック」と認識されている業種で働いていた経験や、さまざまな立場の方々と接してきた経験を活かし営業職として勤務する中で、ご縁があり弁護士や社労士の先生方とも交流を持つことができ、自分には関係のないものと思っていた「法学」を学ぶ機会を得ました。
現在は、産業保健関連法などに関しての組織へのサポートや関連する教育研修などの講師をしつつ、ドクタートラストで実施いただく多くの組織のストレスチェック受検結果ビッグデータを基に職場環境改善に取り組む組織のコンサルティングやサポートを行っています。

 

Q. 研修やセミナー、グループワークを行う際、一番大切にしていることは何ですか


法律や産業保健、医療に関することは耳慣れない言葉や表現が多く、どうしても「ピンとこない」ことが多いものです。
できるだけかみ砕いて身近な言葉や表現に落とし込み、縁遠いものではなく身近なものとして”自分事”として腑に落とすことができるように意識しています。
お忙しい中研修などのために貴重な時間を割いて参加していただくことになりますので、知識を伝えて終わりではなく、伝えた知識や経験を自らアウトプットして活かすことができるよう、ご参加いただくみなさんからの忌憚ないご意見を受け止めつつ日々試行錯誤に努めています。

 

Q. 講師として世の中に伝えて行きたいことは何ですか


”自分とは関係のないこと”と思っていたこと、”知らなかったこと”が自分にとってリスク要因になることは残念ながら多くあります。
世の中の常識(認知)や法律(決まり)は、本当に目まぐるしく日々ドンドン変わっていきます。
「食わず嫌い」をせずに常にアップデートをしていけるようにアンテナ感度を高く保てるように意識してほしいと思います!

 

Q. 今後の目標


現在、オンラインでの教育研修実施機会が非常に増えてきました。
対面での実施とは異なり、参加者の方々の様子を目の前で確認しづらい部分は残念ではあるのですが、オンラインならではのメリットを活かし、対面では逆に難しい双方向性を実現できていると実感しています。
参加者の方々も以前より納得感を得られている方が増えているようにアンケート結果にも表れていてうれしい限りです。
今後も状況はめまぐるしく変化し続けると思いますが、どんな状況であってもセミナーやグループワークに参加される方々がより納得感を得ることができ、その後の仕事や生活の中で一つのきっかけやヒントとして活かしていくことができるよう、常に参加者の方々に納得いただける新しい方法を模索していきたいと思います。