■ 【セミナーレポート】保健師セミナー「ヘルスクライシスとしての感染症とその対策」

2017年12月11日(月)、外資系企業さまからご依頼いただき、保健師セミナー「ヘルスクライシスとしての感染症とその対策」を実施しました。

以下、当日の様子を簡単にご紹介いたします。

こちらの企業さまでは、事業継続マネジメント(BCM)に積極的に取り組んでおり、今回のセミナーは机上訓練の一環として行われたものです。
セミナーでは、ヘルスクライシス(健康危機)のうち、特に感染症についてお話をさせていただきました。
参加人数は、他支所からの遠隔参加者も含め、管理職を中心に約20名でした。

セミナーで使用したスライドの一部です。

セミナーでは、「感染とは何か」といったことや、原因となるウィルス等の種類により感染力や感染の経路が異なることなど、基本的なところからお話させていただいた他、集団感染に関する最近のニュースを振り返りながら、麻疹やインフルエンザなど感染症についても解説しました。
加えて、毎年流行する季節性のインフルエンザと、企業や経済へ大きく影響を及ぼしかねない新型インフルエンザの違いについてもお話させていただきました。

セミナー終了後は、テーマが感染症という身近なものだったことから、たくさんの質問をいただきました。
個人としてだけではなく、企業としてヘルスクライシスとしての感染症についてどう対応していくか考えていただくきっかけになったかと思います。

セミナーご担当者さまに感想をいただきました

今回のセミナーご担当者さまから、後日、感想をいただきましたので、一部ご紹介させていただきます。

内容も事例を用いて説明していただいたこともあり、大変わかりやすい内容でした。
また、想定以上に参加者の皆様も興味があったようで、盛り上がりも見れて、大変よかったかと思います。
依頼から開催までの期間が短かったにもかかわらず、有意義な講義を行っていただきありがとうございました。

ドクタートラストでは、当社医療職によるセミナーを企業様・官公庁様に向けて提供しています。
ご要望に応じて柔軟に対応することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

保健師セミナーの概要はこちら

お問い合わせはこちら