■ 【オンライン配信】無料セミナー アンコール開催!「『コロナ疲れ』を乗り切ろう!医療職が教える最新の疲労回復法!」

2020年5月20日(水)は、産業保健師による無料セミナー「『コロナ疲れ』を乗り切ろう!医療職が教える最新の疲労回復法!」を開催いたします。
過去に開催した無料セミナー「医療職が教える最新の疲労回復法!チェックリストで社員の疲労度を知ろう!」に「コロナ疲れ」の内容を追加したセミナーになります。

※ 過去に開催した際の様子はこちらからご覧いただけます。

< 講師のプロフィール詳細はこちら>

この無料セミナーはZOOMによるオンライン配信のみの開催です。
また、お申込み可能人数は、1事業所1名様までとさせていただきます。何卒ご了承ください。

※こちらのセミナーは終了しました。

セミナー概要

皆さんは「疲れ」を感じたことがありますか?
どんな仕事をしている方も、一度は「疲れ」を感じたことがあるのではないでしょうか。
昨今は特に、新型コロナウイルスの影響によりイレギュラーな業務に追われたり、突然の在宅勤務を強いられたり、休日の外出も制限されたりと、いわゆる「コロナ疲れ」を感じている方が多いと思います。

では「疲れ」とは何でしょうか。
多くの方が「疲れ」は病気ではないという認識をお持ちだと思いますが、今はその正体もメカニズムも解明されており、疲労蓄積度は数値化でき、病院へ行けば診断名がつくこともあります。

つまり従業員の「疲れ」を放置することは病気を放置することと同じなのです。
生産性を下げ、労働損失を生むことに繋がり、「過労死」などの労働災害が発生した際には会社が安全配慮義務違反に問われることもあります。
従業員の疲労対策は、もはや個人の責任ではなく、会社の責任であるといえるでしょう。

とはいえ、人間が生活し、働く限り、疲労は避けられません。
蓄積する疲労を少しでも小さくし、蓄積してしまったものは回復させることが大切です。
そのために何をすればよいのでしょうか。
温泉?ニンニク?うなぎ?栄養ドリンク?……実はこれらは全て疲労回復には効果が薄いということがわかりました。

本セミナーでは、本当に効果のある疲労回復法のほか、疲労を生じさせにくい職場づくりなど、会社として取り組める従業員の疲労対策をご紹介します。
今回は特別に、従業員の「コロナ疲れ」の対策についてもお話する予定です。

従業員の疲れを心配していらっしゃる人事、管理職の皆様は必見です。
効果的な疲労対策を知り、従業員の仕事のパフォーマンスを高めましょう。

セミナー内容

・ 疲労の正体
・ 疲労の回復方法
・ 疲労をためない仕事術  など

対 象

・ 職場における疲労に課題を感じている方
・ 管理職や人事の方
・ 医療職の方  など

皆様ふるってご参加ください。

詳 細

日 時 2020年5月20日(水)15:00~16:00(受付開始:14:45~)
テーマ 「コロナ疲れ」を乗り切ろう!医療職が教える最新の疲労回復法!
対 象 ・ 職場における疲労に課題を感じている方
・ 管理職や人事の方
・ 医療職の方  など
セミナー内容 ・ 疲労の正体
・ 疲労の回復方法
・ 疲労をためない仕事術  など
タイムスケジュール 14:45~ 受付開始
15:00~ 無料セミナー「『コロナ疲れ』を乗り切ろう!医療職が教える最新の疲労回復法!」(講師:産業保健師 北原
定 員 お申込みは1事業場1名様まで
お申込み方法 下記「お申込みフォーム」からお申込みください。
※こちらのセミナーは終了しました。
お申込み受付期限 2020年5月15日(金)
備 考 セミナーの参加方法につきましては、お申込み受付後、担当者より別途ご案内させていただきます。

お問合せ

株式会社ドクタートラスト セミナー事務局
TEL:03-3464-4000

無料オンラインセミナーのご利用に関して

1.無料オンラインセミナーを利用する場合には、必要な機器やソフトウェア、通信手段などを用意し、それらを適切に設置、操作する必要があります。ご利用には別途ネットワークの通信料がかかり、利用者の負担となります。

2.当社は利用者が無料オンラインセミナーを利用することを許諾しておりますが、サービスの確実な提供、アクセス結果などにつき何ら保障するものではありません。

3.当社が提供する無料オンラインセミナーにおいて、事前に利用者に通知することなく、サービスの内容を追加、変更、停止または中止することがあります。当社が、無料オンラインセミナーの内容を追加、変更、停止または中止した場合にも、利用者に対しては一切責任を負わないものとします。

4.無料オンラインセミナーの動画は、利用者が私的かつ非営利目的で使用するために提供するものです。利用者は、いかなる態様であるかを問わず営利目的で無料オンラインセミナーを視聴することはできません。

5.利用者は、無料オンラインセミナーを画面および音声収録、動画保存、変更、複写、頒布、送信、表示、上映、複製、出版、許諾、二次的著作物の作成、譲渡あるいは販売を行うことはできません。